『うちの日常』

ロー的生活←→私的生活まで
日々あったこと・感じたことを
思いつくまま・気の向くままに書いてみてます
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
page*top
<< 2月8日 おひなさん | main | 2月9日 セーフ >>
 
「完璧な病室」
完璧な病室
『完璧な病室』小川洋子著 中公文庫

読んで思ったこと。「有機物と無機物」。
人間は、有機物であることに耐えられなくなったときに、
どうしようもなく無機物に惹かれるのだろうな、と。

無機物に惹かれてしまった人間を書いた作品としては、他に、
江戸川乱歩の『人でなしの恋』とか知ってますけど、これの主人公が、
かなり変質者チック(何たって、タイトルが『人でなしの〜』やからね)
に書かれてるのに対して、『完璧な病室』の主人公は、至極普通の人間。

こんな普通の人間が、ふっと現実から離れてしまう瞬間を書くのが、小川洋子さんはすごくうまいと思います。
他にも、『薬指の標本』とかおススメです。
読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
page*top

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS