『うちの日常』

ロー的生活←→私的生活まで
日々あったこと・感じたことを
思いつくまま・気の向くままに書いてみてます
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
page*top
<< 8月28日 約1ヶ月ぶりの日記だ(゜ロ゜) | main | Comic Baton >>
 
『ラッシュライフ』
久しぶりに、「おぉっ」と言わずにはいられないような本を読んだ。

ラッシュライフ
伊坂幸太郎 『ラッシュライフ』

-------------------
最初に、パズルのピースだけを次々と見せて、読者を混乱させた後、
それを1枚の絵に仕上げていく手法は、京極夏彦とよく似ている。

ただ、京極夏彦が、その作業を、ゆっくり丁寧に、読者に説明しながら
やってくれるのに対して、この人は、説明など省いて、すごい速さで
さっさとパズルを組み立ててしまう。

だから、最後まで物語の流れが変わらない。
にもかかわらず、最後にはすべてが整合的になる。

そして、作者にまんまと騙されていたことに気付く。
でも、それが変に清清しくて、読み終わった後、かなり爽快な気分でした。

「こんな話、今まで読んだことないし!」
っていう新鮮な感動がありました。

-------------------
これ、上手いこと映像化したら、かなり面白いやろうなぁ。
映画になったら絶対見に行くのに。。。
読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
page*top
 
スポンサーサイト
- | permalink | - | -
page*top

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
ラッシュライフ 著 者:伊坂 幸太郎 価 格:660円 (税込) 文 庫: 469 p サイズ: 16(cm) 出版社: 新潮社 ISBN : 4101250227 ; (2005/04) emikiさまがブログで勧めていたので読んでみた。 読み終えたときに「やられた」感が満載の小説。
Book『ラッシュライフ』 | Little by little and bit by bit. | 2005/09/27 5:41 PM
 
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS