『うちの日常』

ロー的生活←→私的生活まで
日々あったこと・感じたことを
思いつくまま・気の向くままに書いてみてます
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
page*top
 
第1回・全日本ロー生キャレル自慢選手権(?)
あね3が、自習室の机の写真をみんなで公開しよう!
みたいな企画を立ち上げたらしいので、それに便乗。

うちの机(キャレル)はこんな感じです。
続きを読む >>
法律 | permalink | comments(2) | trackbacks(3)
page*top
 
森林法事件判決・当事者の主張整理[追補]
前(4月11日の記事)に書いた、森林法事件判決の要件事実について。
あれで正しかったのか気になったので、裁判官の先生に聞きに行ってみた。

したら、疑問は見事に氷解。
やっぱ裁判官ってスゴイ(*_*) さすが要件事実のプロだ。

以下、それをふまえた上での再整理。
(変更点には、※で注釈付き)
続きを読む >>
法律 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
page*top
 
基本書
こうがみ氏が、基本書についてあれこれ書いてたので、うちも真似して。

●うちが使ってる基本書一覧(一言コメント付き)●

○憲法
・芦部信喜『憲法[新版補訂版]』
(1回生のときに買ったやつだ…。やばっ!新しいの買わなきゃ)

○民法
・内田貴『民法機銑(気世餌2版。他は1版)』
(これも版古し。担保法改正に対応してないし)

・吉村良一『不法行為法[第2版]』
(国賠の話も載ってて、かなり使い易し)

・二宮周平『家族法[第2版]』
(内田先生も薦めてるらしい。よって、家族法だけは『うちみん』じゃなく
 これを使ってます)

○刑法
・中山研一『口述刑法総論』『同各論』
(かなりおススメ。一つの説に偏ってるわけではなく、各説につき均等に
 解説が加えられてます。刑法の教科書としては珍しい、バランスの良さ)

・松宮孝明『刑法総論講義[第3版]』
(立命ローで勉強するならね。これが一冊なくっちゃあ)

・前田雅英『刑法総論[第3版]』『同各論[第3版]』
(持ってるだけであんまり使ってない。細かいところが気になったとき
 に、部分読みするくらい)

○商法
・弥永真生『リーガルマインド会社法[第7版]』『同手形小切手法[第2版]』
(読み易い。コンパクトやし。ただ、注釈の量の多さには辟易しますが)

○民訴法
・伊藤眞『民事訴訟法[補訂第2版]』
(実はこれも版古し。最近の改正には微妙に対応してなかったり。
 だって、2回生のときに買ったんやもん)

○刑訴法
・田宮裕『刑事訴訟法[新版]』
(細かい論点も割と載ってます。答案書くときは、かなり乗っかってました)

・田口守一『刑事訴訟法[第3版]』
(最初は田口で勉強していたのやけど、記述が簡潔すぎて理解できず
 田宮に乗り換え。説の対立があるところでは、田口も読んでます)

○行政法
・芝池義一『行政法総論講義[第4版]』『行政救済法講義[第2版補訂増補版]』
(総論・救済法とも同じ先生にしとけば、説が矛盾したりすることも
 なかろうと。ハイ。ただそれだけの理由です。でも、わかり易いし、
 使い易いです。他の教科書と比べたことはありませんが)

こんな感じで。
続きを読む >>
法律 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
愛着利益
学部時代のゼミの先生(不法行為専門)から、おもしろい話を
聞いたので、ここに載せてみる。

「愛着利益」という概念があるそうです。

ドイツでは、債務不履行による損害はおろか、不法行為による損害を
算定するときにも、精神的損害に対する慰謝料という概念がなく、
財産的損害(侵害)しか認めないらしい。

しかし、それでは、例えば父の形見の品を壊されたような場合に、
その品自体の値打ちが二束三文だったら、被る損害は大きいにも
かかわらず、被害者は、そのわずかな金額しか請求できないことになってしまう。

そこで、愛着利益という概念を使って、その品の財産的価値を
アップさせるのだそうです。

何か、苦しい理論ですね。
それなら最初から精神的損害を認めればいーのに。

で、おもしろいなぁと思ったのは、その愛着利益の立証方法。
続きを読む >>
法律 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
page*top
 
スーパーフリーの事件
「Gakによる若干のコメント」さんの記事を見て、判タの1168号を読んでみた。
(以下、その判決文に載っていた、認定事実についての感想を書きます)

「酷い」。この一言に尽きると思う。

悪いけど、加害者は悪意の塊であるとしか思えない。
被害者は、されてる行為も、それを行なってる人間も、両方怖かっただろう。
むしろ、後者の方が怖かったんじゃないだろうかと思う。

言葉の届かない人・話の通じない人が、一番怖いと思う。
コンビニでバイトしてたときも、そういうお客さんが来たときが一番怖かったし。
(実際、警察呼んだこともあります)

本当に、信じがたい事件やと思います。
法律 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)
page*top
 
いいことなのか?
『刑務所での子育て容認、医療・面会も充実 監獄法見直し』

子どもを、刑務所の中で育てる…。
うーん、どういう状態なのかイマイチ想像できん…。

ってか、小さいときの期間のしばらくを塀の中で過ごすっていうのは、子どもに対してどういう影響を与えるんでしょうね。

「子どもを母親から引き離すのは良くない」っていうのは良くわかります。

でも、「子どもと離れたくない」っていう親のエゴちゃうの?っていう気がどうしてもしてしまう…。
法律 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
やっぱり
有罪でしかも実刑判決が出ましたね。

『元大阪高検公安部長に実刑判決 収賄罪で大阪地裁』
(三井被告のホームページはこちら
http://www012.upp.so-net.ne.jp/uragane/)

何か、昨日検察庁見学に行ってきたところやから、複雑な気分…。
続きを読む >>
法律 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)
page*top
 
勝手に出題予想☆(法律じゃなく、戯言のカテゴリに入る気がしないでもない)
今日の憲法があまりに絶望的やったので、明後日の行政救済法に、持てる情熱の全てをかけることにした。

で、勝手に出題予想。
あくまで、うちが勝手に考えてることなので、あまり参考にしないでください。
続きを読む >>
法律 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
page*top
 
タクシー運賃規制緩和を提訴へ
一昨日の記事ですが。

『タクシー運賃値引き容認は違法 国の通達に運転手提訴へ』

確かに、金欠のときにタクシー乗ろうとしたら、MKが来るまで待ったりするしなぁ。
ただ、認容されるかどうかは難しいと思いますが。

続きを読む >>
法律 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
page*top
 
しょうがない?
「国選弁護人引き受け手なく、くじで決定 大牟田4人殺害」

今日の2限の授業で、弁護士の先生がピックアップしていた話題。

誰も恨みっこなしの方法となったら、やっぱクジくらいしかないから、しょうがないといえばしょうがないのでしょうが。
でも、高校のクラス委員を決めるのとは、明らかにわけがちがうからなぁ。
法律 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
page*top
 
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS